省エネ・水質改善・プラント事業・赤外線サーモグラフィーに取り組む昌運工業の新着情報

2009年11月02日

昌運工業のお仕事紹介

昌運工業ホームページの新着を見ますと、赤外線サーモグラフィーの話が多いのですが
実際のところ、プラント事業部も九州・沖縄各県、広島地方などへ飛び回っております!

はじめてお会いするお客様は、そのプラントの工場長様、所長様が多いのですが
我々の事をよくご存じないので『昌運工業さんは何が出来るの?』といわれることが多々あります。

そこで、色々と説明いたしますと良好な反応が返ってきます。
プラント設備の製作から設置、メンテナンスまで一貫した体制をご理解いただけたからです。

さて、我々昌運工業はメンテナンス工事も多いことから、今回は『ハツリ作業』の話をします。
アスファルトプラントの設備の中にはドライヤーという設備があります。
そのドライヤにも2種類ありまして
バージンドライヤ・・・まっさらの砕石などの骨材を乾燥・加熱します
リサイクルドライヤ・・・道路工事の現場で出たアスファルト片はクラッシングプラントを経て細かくなります。それらを加熱し再度アスファルトと練り合わせることで再生合材となります

そのリサイクルドライヤ内部は、長期間の使用でアスファルトがべったりとこびりついています。

血管内のコレステロールのように増殖して排出能力を低下させます。
ドライヤ自体も重くなりますので、動力にも余計な負荷を与えてしまします。
ですから、定期的な手入れが必要となってきます。


↑付着が何もない状態のドライヤ内部です
ハツリ作業はこのようにドライヤだけではなく、貯蔵タンクでも行います。

ハツリ相手はアスファルトなので夏場のハツリは困難になります!粘つきますので・・・
冬場であればアスファルトが固まっていて、ハツリがとても容易になります!!

アスファルトだけではありませんが、ハツリ仕事がありましたら是非、昌運工業へお願いします!






■70余年~技術と実績で培ってきた信頼
昌運工業株式会社  http://www.shoun.jp/
■赤外線サーモグラフィーなら昌運工業株式会社へ
昌運工業株式会社 赤外線サーモグラフィー専用サイト http://www.sarmo.jp/
Posted by 昌運工業株式会社 at 17:02│Comments(0)プラント
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。