省エネ・水質改善・プラント事業・赤外線サーモグラフィーに取り組む昌運工業の新着情報

  

■70余年~技術と実績で培ってきた信頼
昌運工業株式会社  http://www.shoun.jp/
■赤外線サーモグラフィーなら昌運工業株式会社へ
昌運工業株式会社 赤外線サーモグラフィー専用サイト http://www.sarmo.jp/
Posted by at

2009年08月26日

赤外線サーモグラフィー 中古機のご案内

赤外線サーモグラフィーのことなら昌運工業へ!!

本日は中古機のご案内です!
年式が最新ではないのは当たり前なのかもしれませんが、性能は今現在でも決して引けを取らないものと思います!!

高性能の赤外線サーモグラフィーがお手頃な価格で手に入るビッグチャンスと言えるでしょう!!
ぜひご検討に入れて頂き、お声かけください!

機種ごとに見積もりいたします!

以下、機種・台数・仕様を掲載いたしますので宜しくご覧下さい!

機種名  台数    画素数    タイプ    年式   
A20M   1    160x120   固定型    2005  
A40M   1    320x240   固定型    2005







機種名           台数     画素数         タイプ          年式   
ThermaCAM P640   2     640x480  可視/熱画像、一般用途  2006





機種名    台数   画素数           タイプ        年式
FLIR i40   1    120x120   可視/熱画像、一般用途  2008
FLIR i50   1    140x140   可視/熱画像、一般用途  2008
FLIR i60   1    180x180   可視/熱画像、一般用途  2008










機種名    台数    画素数           タイプ         年式
FLIR b60   1   180x180   可視/熱画像、建築用途  2008
iシリーズとボディデザインは同じですが建築用途に特化しています!


機種名    台数    画素数           タイプ         年式
FLIR T250  1    200x150  可視/熱画像、一般用途   2008
FLIR T400  2    320x240  可視/熱画像、一般用途   2008









機種名      台数     画素数           タイプ          年式
FLIR SC660  2     640x480   可視/熱画像、一般用途   2008





となっております!!
この機会に是非ご検討下さいませ!!


  


■70余年~技術と実績で培ってきた信頼
昌運工業株式会社  http://www.shoun.jp/
■赤外線サーモグラフィーなら昌運工業株式会社へ
昌運工業株式会社 赤外線サーモグラフィー専用サイト http://www.sarmo.jp/
Posted by 昌運工業株式会社 at 19:05Comments(4)

2009年08月21日

あの喧騒からひと月・・・





博多祇園山笠が終わり、およそ1カ月が経ちました
追い山を終えて直ぐは、のぼせ上っていてまともな事が言えないと思い、今日まで至りました

例年、山笠が終わると福博の町には本格的な夏がやってくるものでしたが、今年は梅雨が長引き
果てはとてつもない豪雨が襲いましたね

葉月の今、夏らしさが日々続くこの頃に、今年の山笠を振り返りたいと思います

多くの方がご存じかと思いますが、追い山ならしでのあの一件で多くの舁き手が想いを一つにしたと思います

前捌き隊長が繰り返し言っていた『絆』という言葉
まさにこの一言に尽きるのではないでしょうか

普段はどこに住んでいて何をしているのかわからないモン同士が『山笠』という時期に集い
それぞれのいろんな思いが一つとなり、山を前へ前へと押し進めているのです

それが神事としての美しを保ち、篤い男たちの張り詰めた表情もまたこの祭りに彩りを添えている
といえます


自分自身、今年は特に山笠から多くを学び、遅ればせながら『世の中の成り立ち』が少しは分かったような気がします

決して一人では山は動かず、人と人とのつながりで山は動くのです

伝統の縦糸とその時代のご縁という横糸で紡がれる壮大な歴史絵巻の片隅に居られることの
意義は深いと思います

こうして今、あの熱狂の15日間を振り返りますと、夢か現のような時間でした
暗闇に浮かぶ幻惑的な提灯の列、通りに木霊する『おいさっ!』の声

少しはのぼせも冷めたかと思いきや・・・
1ヶ月たった今でも、思い返すと昨日の事のようです・・・

また来年へ向け、今は静かに燃えたいと思います  


■70余年~技術と実績で培ってきた信頼
昌運工業株式会社  http://www.shoun.jp/
■赤外線サーモグラフィーなら昌運工業株式会社へ
昌運工業株式会社 赤外線サーモグラフィー専用サイト http://www.sarmo.jp/
Posted by 昌運工業株式会社 at 17:30Comments(0)

2009年08月21日

壁面調査なこの頃・・・

赤外線サーモグラフィーで壁を見る機会がここのところ多くなりました、昌運工業SARMO事業部です

思わぬ所に欠陥が見つかるもので、現場に向かうたびに大変勉強になります

建築のプロフェッショナルからいろいろ壁の内部構造、経年数、エンドユーザー様が抱えている悩みなどを聞きますと
より一層赤外線サーモグラフィーの力を皆様へ役立てたいと思います!

さて、どなたにも仕事柄が日常生活にも出てしまうように、この頃建屋や人を見るとこんな風にしか見えません!↓


もはや、プレデター状態です・・・!!

予め、憶測を持って現場に入ることは厳に慎まなければなりませんが
色々な形や色をした建屋やトンネルなんかを見た日には・・・

たぶんああ映るな、こう映るな・・・etc

鮮やかな色どりに包まれる日々です!!
  


■70余年~技術と実績で培ってきた信頼
昌運工業株式会社  http://www.shoun.jp/
■赤外線サーモグラフィーなら昌運工業株式会社へ
昌運工業株式会社 赤外線サーモグラフィー専用サイト http://www.sarmo.jp/
Posted by 昌運工業株式会社 at 17:04Comments(0)